ヘッダー-02.png

ー 宇宙を夢見るおかっぱ少年と

バケツをかぶったクマさん。

偶然出会ったふたりの大冒険が、いまはじまるー

シーン - Ss1-min.gif

今日も曇りのち曇り。

 

宇宙ゴミが空を閉じ込めてしまった世界。

 

そんな世界の救世主!! コントローラを手に取り、ゴーグルをつけて、 

「1、2、3 !!」

 

宇宙を自在に飛び回る。

宇宙の掃除屋、Space Sweeperのお話。

シーン - Ss2-min.gif

「ママ!僕Space Sweeperになりたい!」

 

「子供は勉強するのがお仕事よ。」

「勉強はあまり好きじゃないんだ。それにゲームなら誰にも負けない。

きっと宇宙一のパイロットにだってなれるもん!」

「考えておくわ。今日はもう寝る時間よ。」

「ママはいつもそうだ。 」

Ss3.gif

キッドは部屋に閉じこもり、ゲームの途中で寝てしまいました。

シーン - Ss4-min.gif

『あれ、ここはどこだろう..??』


『わー!バケツ頭!なんだ君は!?』

『君こそなんだ!俺の名前はバケットベアだ!

こんなところで何をしてるんだ?

どこ所属のクルーだ? 』

 

『クルー? どういうこと? 』

Ss5-min.gif

『ここは宇宙のど真ん中! 今まさに大掃除の最中さ。』


『これが宇宙なのかぁ!地球はどこ??』


『あそこに見えるゴミの塊がそうさ。』


『そんなわけない!地球は青だって学校で習ったんだ。』

『それは昔の話だ。聞いたり教わったりした事が

必ずしもそうとは限らないだろう。』

『バケットベアは一体ここで何をしているの?』

 

『なにを隠そう、

俺はその青い星を取り戻すために宇宙を飛び回る

SpaceSweepersの一員さ! 』

シーン - Ss6-min.gif

『SpaceSweeperだって? ずっと憧れていたんだ。

本当にクールなお仕事だよ!』

『それは嬉しいな!これはとても大切な使命なんだ。

このまま太陽の光が届かなくなれば、

草木や花も育たなくなる。

それに、この大掃除には

もっと大切な意味があるんだよ。』

シーン - Ss7-min.gif

『楽しくてかっこいいだけじゃないの?』

『俺たちは太陽光を遮るゴミを排除して、

その資源をリサイクルするお掃除屋と思われているけど、

宇宙から届いていたのは太陽の光だけじゃなくて

星のカケラも降り注いでいるんだ。』

『星のカケラって何? 流れ星のこと?』

『君が命が生まれた日、

それは新たな星の誕生日でもあるんだ。』

 

『長い月日を受け継がれ、

その命はやがて星へと生まれ変わり、

大きな宇宙へと帰っていくのさ。』

Ss8-min.gif

『それがお掃除とどう関係あるの?』

星のカケラはとても脆いんだ。

宇宙ゴミの増加が原因で、ほとんどがそのゴミに

衝突してチリになっちゃうんだ。

だから、地球に降りることができるのは

本当に僅かなんだ。

君と同じように星にも寿命がある。

だから僕らがゴミをそのままにしちゃうと

星の誕生が減り暗い未来になって しまうんだ。』

キッドは初めての宇宙と憧れのSpaceSweeperの本当の仕事の意味と使命を聞いて戸惑いを隠せなかった。そして、

さらにワクワクした。

 

『さぁ今日も大掃除に出かけよう!!』

シーン - Ss9-min.gif

『僕もいつかSpace Sweepersになって、

星のカケラを守るよ!』

『それは楽しみだな。

その時は俺の仲間たちを紹介するよ。』

『うん!でもママが許してくれるかな。』

『それはきっと君の気持ちの問題さ。

やりたい気持ちのその先を考えてごらんよ。』

『この綺麗な星と多くの人達を救いたいよ!』

『きっとママがそれを聞いたら喜んでくれるはず。』

『ありがとうバケットベア、

大切なことを教えてくれて!』

『教えたわけじゃないよ。

答えはいつだって君の宇宙にある。』

シーン - Ss10-min.gif

キッドは、初めての掃除を終えてクッタクタ。

宇宙船のベットに横になるといつの間にか、自分の部屋に戻っていた。

目が覚めたキッドは、手に残った感触を確かめると、それを大切に握りしめ、

もう一度眠りについたのだった。

これは宇宙にとって不要なゴミだが、キッドにとっては宝物となった。

ー答えはいつだって君の宇宙にある。ー